シフトをカレンダーに登録するのめんどくさいよね その①

お久しぶりです、44です。ブログを書こう!と思い書き始めましたが三日も持たずほったらかしでした。これではダメだと思ったのでまた書き始めます。(また三日坊主で終わらなければいいけど...)

 

今回はタイトル通り、バイトのシフトをGoogleCalendarに登録するのがめんどくさい!

と思ったので、GoogleCalendarAPIを使って対話型の予定登録プログラムを作りたいと思います。

 

どのようなプログラムを作るのか

  • コンソール画面で日付、バイトの開始時間、終了時間を入力するだけでGoogleCalendarに予定を登録する。
  • 動作環境はラズパイ(debian)です。
  • 使用言語はPHPで書こうと思ってます。(途中で変わるかも)

 

とりあえずサンプルプログラムを動かしてみる

Googleなどで「GoogleCalendarAPI」と検索すれば上の方にGoogleDevelopersが出てきます。ほとんど英語ですが高校レベルの英語力でもなんとなく読めました。

左にあるサイドメニューの「Quickstarts」の欄から言語を選択します。今回はPHPで書くのでPHPを選択します。

Prerequisites(事前に必要な物)

  1. PHP5.3.2以上またはPHP5-CLI(command-line interface)、そしてJSON extension
  2. Composer
  3. インターネットに接続できる環境とブラウザ
  4. Googleアカウント

が必要だそうです。用意の仕方を1つずつ説明していきます。

まず、一つ目のPHP5.3.2以上、PHP5-CLIJSON extensionですが、下のコマンドをちょこっと打つだけで準備できます。

PHP5

sudo apt-get install php5 

PHP5-CLI

sudo apt-get install php5-cli

もし、うまくインストールできない場は一度

sudo apt-get update

と打ってみてください。
あとは、JSON extensionですがPHP5.2以降にはデフォルトで含まれてるみたいです。

Composerを用意する
curlコマンドが使える場合

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

使えない場合

php -r "readfile('https://getcomposer.org/installer');" | php

Composerが用意できたら

sudo mv composer.phar 作業用ディレクトリ

で作業用ディレクトリに移動させましょう。

インターネット、ブラウザを用意する
Googleアカウントを用意する
この二つは説明不要だと思うので飛ばします。

記事が長くなってきたので記事を分けたいと思います。
その②に続きます。