一年間、部長をしてみて

この記事はOIC ITCreate Club Advent Calendar 2016 25日目の記事です。

www.adventar.org

メリークリスマス、OIC ITCreate Club Advent Calendar 2016の最後は、一年間ITCreate部の部長をしてみて感じたことや思ったことを書きたいを思います。

ITCreate部とは?

授業外でもプログラミングやネットワークなどをもっとやりたいひとが集まった部活です。 "つくりたいものを、作りたいときに、造りたいだけ、創る"をモットーにし活動しており、 今年は創立3年目を迎え1年目は十数名だったITCreate部も50名を超える大きな部活となりました。

ITCreate部 公式サイト

反省点

今年は1年生が30名近く入部してくれたのですが、現在残っている1年生は数名となってしまいました。 なぜ多くの1年生がITCreate部から去っていったのか考えてみました。

基本情報フィルタリング

ITCreate部には"基本情報フィルタリング"というものが存在します。名前の通りIPAの資格である基本情報技術者試験の資格(同等以上でも可)をもっていないとITCreate部に在籍できないというルールがあり、今年は合格者が少なかったというのも原因の一つだと考えられます。

今年は上記の結果もあり、"基本情報フィルタリング"は本当に部活に必要なのかと部活内で大きな話題となりました。 そもそもなぜ"基本情報フィルタリング"が存在するのかというと、"自分のやりたいことがある"という志の高い人が集まる部活で「基本情報ぐらいは取れるだろう」というのが"基本情報フィルタリング"の始まりみたいです。現在ではある程度の努力ができる人なのかを図る指標の一つとなっています。

なぜ合格者が少なかったのかを自分なりに考えて見た結果、1年生の基本情報に対しての勉強量や取り組み方を見て、1年生の"やりたいこと"が基本情報の取得ではなかったのではないかと言う一つの結論にいたりました。

"やりたいこと"が基本情報の取得ではない1年生に対し私たちは資格、資格と言いすぎたのかもしれません。もともとITCreate部は"やりたいことをやる"部活、そのやりたいことを一緒に探したり、応援することがITCreate部の部長としての仕事だったのかもしれません。

最後に

一年間、部長をしていてたくさんの得るものがあり、部長に選ばれ良かったと思っています。もうすぐ次の部長に交代しますが、あと一年ITCreate部には所属しているので後輩達が"やりたいこと"を見つけれるようサポートをしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。